ギャンブルに関する楽しい事実10選

ギャンブルは何世紀にもわたって人類の文化の発展において重要な役割を担ってきました。昔から人々はお金を稼ぐため、また、共に集まって楽しく過ごすためにギャンブルをしてきました。今日でも人々は楽しくてスリルとサスペンスに満ちたギャンブルが大好きです。それにギャンブルにはこれからお話しするような数々の興味深い事実があります。以下にギャンブルに関する楽しい10事実をご紹介しましょう。 

• サンドイッチを食べたことがありますか?サンドイッチは実はある熱心なギャンブラーによって考案されたことをご存知でしょうか。1765年、ジョン・モンターギュ第4代サンドイッチ伯爵が、続行中のゲームを中断したくなくて、食事の肉をパン切れの間に挟んでもってこさせたがきっかけでした。 

• モナコには世界で最も有名なカジノがあり、ほとんどのギャンブラーたちがモナコ ギャンブラーの楽園と考えています。しかし、モナコではカジノが地元住民から利益を得ることが許されていないため、モナコ市民はこれらのカジノでギャンブルをすることができないのです。  

• 自分がギャンブル中毒に陥っているわかったら、カジノに自分の名前を登録して、自らカジノへの出入りを禁止させることができます。あなたがそのカジノでプレイした場合、それは違法行為になります。  

• ルーレットは、書かれている数字を合計すると666になるため、「デビルズ ホイール(悪魔の回転盤)」と呼ばれています。運が全てを決めるルーレットが極めて高い人気をもつ理由の一つはそこにあるのでしょう。 

• グロスヴェノーカジノ(Grosvenor Casino)は世界最小のカジノです。定住所がありません、と言うのは、車の中にあるカジノだからです。車内にディーラー、テーブル、  バー、テレビが用意されており、他では味わえない楽しさを提供してくれます。  

• カードの4つのスートは中世のフランス社会から生まれました。ハートは聖杯に由来し、聖職者を表しました。ダイヤは硬貨に由来し、商人を表しました。クラブは警棒に由来し、小作人を表しました。そしてスペードはに由来し、軍人や貴族を表しました。スペードは彼らが使っていた槍の形に似ていたからです。 

• 一般的なイメージに反して、世界最大のギャンブルの都はラスベガスではありません。マカオが世界最大です。ラスベガス1週間の賭け金総額が、マカオの一日分に相当するのです。マカオは中国内で唯一ギャンブルが許されている場所で、収益の大半は私営ギャンブルとVIP ギャンブルから上がってきます。 

• フィンランドではギャンブルは政府によって統制されており、全収益は慈善事業へあてられます。これはちょっとあんまりのように思えますが、人々は遊んで勝ったお金コミュニティーへ返還されることを承知でプレイしているのでこれが問題となることはありません。  

• 人気のスロットマシンは19世紀に考案され、ガムとトークンの販売機として使われました。リールに果物の絵が描かれているのは、おそらく当時のモデルにあやかってのことなのでしょう。 

• ブラックジャックはフランス生まれかイタリア生まれかという議論は多少ありますが、ナポレオンがブラックジャックにご執心だったということはよく知られています。彼はこのゲームが大好きで特に亡命中は何時間もプレイし続けていました 

About Yoshida Sorai